>

関根義光 評判

  • ネット起業から実業家へ


関根義光の過去


関根義光ことせきねもんについて。先日、関根義光氏を検索すると、「詐欺」という記述見かけました。 ネットではよく出てくるキーワードではあるのですが、仕事の関係となるとひととおり目を通しておかねばなりません。 私が実際にお会いした印象では、「関根義光は本当に信用のおける人物」ですが、すべてのことを知っているわけでもなく、過去の人間関係などには疎いのでしっかりと調べてみたいと思います。


そもそも関根義光って稼いでいる人物だ。というのは、先日の上海企業の情報からすると、稼いでいるのであろうとは予想ができます。 証拠写真などはねつ造がかんたんですが、会社の登記、それも情報となるとまっったくレベルがちがい信用できる情報です。(が、もちろんそれがウソなら前提が崩れてしまいますが・・・))

そして、「ネット起業家を支援する会社、株式会社sekinetの代表取締役」で、主な活動は情報商材の発行、販売、メルマガなどのWEB媒体を主体としている。 最近は辞めてしまった?ようで実業のイメージしかありませんでした。 これも最近のネットビジネスの状況を考えると、自分で結果を出しノウハウで塾を構築するのは、ある程度組織化できていたりプロデューサーがいる場合もよくあるパターンです。

もちろん成功できるのは関根義光さんのように一部でしょう。 そしてもっと検索してみると、どうやらネットの副業で稼ぎ(アフィリエイト、ノウハウ、コンサル)そこから実業へとステップアップした模様です。 あとは人脈や人間性の問題なのでしょうが、公的な組織などから信用を得て活動の幅を広げているようですね。

ツイッターのツールとノウハウのイメージが強かったのですが、ホームページやブログを使っての集客や販売でもやっていたのでしょうか。 普通のサイトアフィリのノウハウも多く、会社案内にはシステム開発なども含まれているようですので、ワンストップでWEBまわりの仕事ができそうないんしょうです。


そして「詐欺」と言われるゆえんは、どうやら情報販売というノウハウ系の時の問題かと思われます。 関根塾なるもので会員をあつめノウハウを指導していたようで、誹謗中傷も当時に結果を出せなかった人たちによるものと思われます。


関根義光 口コミ


ある種のノウハウはいわばフランチャイズ契約に近い感覚で、お金を出せばあとは本部がやってくれる。という思い込みではダメなのは当たり前です。 ところが脱サラしたサラリーマンは会社員のノリで仕事をしてしまい失敗する。そして本部を訴える。そんな構図に近いのかな?と思いました。


そういった点ではもっとフォローが必要だったのか?と思ったのですが、この塾費用は2~30万円程度というフランチャイズとして考えたらけた違いの安さ。これではフォローうんぬんではなく、国家試験の通信講座という感じでしょう。 そうなれば、やはりマニュアルなりを購入した側のモチベーションややるき、実際にやった行動量などがわからなければ、なんとも評価できないところかもしれません。


このことから考えるに、、関根義光が詐欺という噂も、情報の発信元をしっかりと調べておく必要があるでしょう。 うまくいかない人は誰に対してもうまくいかないと文句をいいます。 そういった意味では、ネットの口コミも実名か匿名か、体験ブログか2chなのかで大きく違ってきそうですね。